D.T.F. Lab.

アクセスカウンタ

zoom RSS W. Whisky Shop

<<   作成日時 : 2010/12/02 22:22   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

今回はちょっとアダルトな話題。

一昨日、仕事の帰り際、先輩Hさんに掴まって『これから良いトコ行くんやけど、お前もどうや?』とニヤニヤ。
『行き先は?』と聞くと、『シンチ』との事。『シンチ』で良いトコならば、福沢さん何人か緊急配備しないとアカンなぁと思って『銀行言って来ます』というと『イラン、イラン』と。『奢ってくれるんですか?』と淡い期待を持って詳しく聞けば、ウイスキーのテイスティングが出来るショップへ行くとの事。

北新地駅に到着後、向かったのは、ココ↓
画像


ここはバーというよりアンテナショップという位置づけで、有料のテイスティングができてウイスキーの販売を行なうというスタンスの店。



店内の雰囲気もオシャレで、バーテンさんと楽しくお話しながら、落ち着いてウイスキーの魅力を楽しむ事ができる。
画像


画像


昨今のハイボール人気で女性層をターゲットにウイスキーの更なる拡販を狙ってのお店との事。
テイスティングも\200〜とリーズナブル。良いものに触れたければ\2,500というものも。
一昔前はウイスキー=オッサンの世界、苦い、モッサイ。というのが定石だったのが、今ではハイボールの人気に押されて女性も楽しむオシャレなお酒という変化。
バーテンの方にこの人気の原因を聞くと、『食事の邪魔をしないお酒である』というのが人気が出た要因との事でしたが、やはりCMに小雪さんを起用したのが一番の要因だったらしい。
当選者に小雪さんにハイボールを作って頂ける1日限定のプライベートバーのキャンペーンやって欲しいと提案。バーテンの方も私も行きたいと仰ってられた。

元々、山崎12年のファンの私は今回は白州も試してみる事に。
飲み比べてみると、山崎はシェリー樽での熟成による甘く、華やかな分かりやすい香り。白州12年はピート(泥炭)による香り付けが強くスモーキーでありながら口の中で香りが花開くと言う味付けと、同じ原料なのにこんなに個性があるのかと思うくらいの違い。
今回は山崎1997フォグスヘッド(ブレンドなし、一つの樽から取った原酒)ピートの香りが強い。
白州12年のハイボール(バーテンさんオススメのハイボール、ベスト1)
W.オリジナルのW.(シェリー樽で熟成された色の濃い甘美でとても華やかな香りと甘味のあるお酒)
といただいた。

アウトドア好きが好きそうなウイスキー紹介のページを貼っておきます→白州のページ
楽しく飲むお酒はメチャクチャ大好きだが、こういう熟成する環境までもが味を決める要素となり得る芸術作品とも言えるお酒を味わうのも良いもんだなぁと感じたW.訪問。
今度は改めて山崎蒸留所に行こうかと思案中。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
山崎12美味しいよね。
嫁さんが誕生日にプレゼントしてくれた事があり、チビチビやってるつもりがあっという間になくなってました。(笑
値が張るからそれ以来飲んでませんが…。(泣

こう言うショップは山崎の工場内にもありますね。
カウンターでの試飲は有料でしたが、工場見学とセットの試飲会では無料でした。
山崎、白州両方飲みましたが、やっぱり山崎の方が口当たりはいいですね。
次見学行く時は白州メインで飲んでみるつもりです。

それと、工場内販売限定の山崎15もめっちゃ美味しかったよ。

すこ
2010/12/04 23:26
すこさん
コメントありがとうございます。
誕生日プレゼントに山崎12ってオシャレで良いですね。
このお酒、本当にチビチビやってるつもりが、あっという間に無くなってしまうほど飲みやすいので、私も家のボトルがあっという間に無くなりました。
今はOldでガマンガマン。

場所書いてませんでしたが、大阪は堂島のサントリー本社の下です。堂島ってロケーションが良いでしょ?

山崎の工場見学、以前学生時代の友人とタダ酒飲みに行くというアプローチで行って、恥かしい事した経験があります。帰りの駅に着くまでにはもうフラフラ。
もっと大人の楽しみ方ができるようになってから行くべきと後悔してました。
職人の技術と時間そしてその育まれる環境の全てが味わい、香りに凝縮されているなんて考えると、じっくりと味わって飲みたいものですね。
来年の良い時期に白州の蒸留所に訪れたくなりました。
工場内限定の山崎15ですね。それは絶対要チェックですね。今度、西山の後に行こうかな?
Yoshi
2010/12/05 02:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
W. Whisky Shop D.T.F. Lab./BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる